女性の中年太りお腹の脂肪を落とす方法!【50代悩み】

中年太り

40歳頃から徐々にお腹周りが気になりだし、50歳を過ぎた頃には鏡に映る体にショックを隠しきれません。まだまだ人生長いのに今からこんなみっともないお腹ではおしゃれを楽しめません!!

お腹に脂肪がつくのは中年太りと世間では言われます。

原因は基礎代謝低下、女性ホルモンの減少、運動不足、夜の食事の中身と食べる時間など原因を知って、自覚して解決策を取っていくしかありません。

対処法はいくつかあります。以前の洋服が着れることを目標にお腹の脂肪を減らしていきましょう。

スポンサーリンク

中年太り!お腹に脂肪がつく原因

中年太りの原因は基礎代謝の低下です。若い時は寝ている間も代謝しているのですが、中年と言われる40代頃から基礎代謝は急激に落ちていきます。

50代になると夜食べたものがほとんど代謝されずに朝を迎えることになります。これがまさしく基礎代謝の低下です。

もう一つの理由は、女性ホルモンの減少が太りやすい要因になります。

中年太りになる原因は体の変化、基礎代謝の低下と女性ホルモンの減少があげられます。

5日間、野菜スープを食べたいだけ食べるだけでお腹周りがすっきりします。このスープはデトックス効果があります。初めて行う人は効果が絶大です。

お腹周りの脂肪を魔法のスープですっきり!

40代50代は気持ち的にはまだ30代の意識ですから、気持ちは若いけれども体は確実に「老化」しているのです。身体のなかでは細胞も内臓器官も衰え始めています。老化を自覚せずにはいられないのですが、このままで年を取りたくありません。

小さな努力の積み重ね

自分の体によい、小さな努力を毎日の習慣に加えることでこれ以上、お腹の脂肪が増えないように習慣的にできるストレッチは時間はかかりますが効果があります。

ながら運動は、台所で立っている時間、掃除をしている時間、テレビを見ている時間などを利用して是非習慣にしてください。

乾布摩擦も代謝アップに効果!

基礎代謝を上げる秘訣は?

基礎代謝は運動やエネルギーを使って消費するのと違い、生きているだけで消費される、寝ている間でも消費されるエネルギーが基礎代謝です。基礎代謝は実に全体の代謝の7割を占めています。

だから

中年になり基礎代謝が下がり、若い時と同じ生活をしていても太ってくるわけです。

ながら運動やストレッチ、体幹トレーニングはそれほどきつい運動ではありません。むしろ1日1-2分で効果がでます。継続して習慣にすることが大切です。

スポーツ選手のように筋肉のある人は基礎代謝が高いのに、スポーツを止めた途端に太りだすのも筋肉はすぐに落ちていくからと思います。

これをやったら気持ちいい体操、軽い運動を毎日続けることです。

1日1-2分だけ体に負荷をかける

筋肉をつける

筋肉をつけることで、体温が上がります。

実は筋肉は年齢に関係なくつけることができます。たとえ90歳でも筋肉をつけることはできるそうです。

体幹トレーニングとは1日30秒から!

スポンサーリンク

低体温の人は体温を上げる努力

体温が1度低下すると基礎代謝はなんと12%も低下するそうです。体重も1ヵ月で1~2kg増えると言われています。体温は中年太りにも大いに関係することがわかります。

基礎代謝の低下=体温の低下ともいえ、体温が低いと基礎代謝も低いということになります。

体温が1度低下すると、200kcalが消費せずに、お腹に脂肪として抱えることになります。

生酵素や生酵母サプリの活用も代謝をアップ

◎お風呂で体温を上げる

低体温の人はお風呂に浸かって身体の芯まで温めることを習慣にすることで体温が上がり代謝もよくなります。熱いお湯に浸かるのではなく、ぬる湯(40度前後)でゆっくりつかることがポイントです。

サウナのように発汗作用が高い入浴剤を活用しよう!

女性の中年太りとホルモンバランス

女性ホルモンの減少により内脂肪型肥満になりやすくなります。

女性ホルモンには2つ、エストロゲンとプロゲステロンがありますが

特にエストロゲンは食欲を抑える働きがあります。更年期に入りエストロゲンが減少すると満腹ホルモン「レプチン」が減ってその代わりに空腹ホルモン「グレリン」が増えると食欲がでてきます。

レプチンの働きが低下してくると内臓脂肪も燃焼しずらくなります。これがお腹に脂肪がついてくる原因でもあります。

レプチンはギリシャ語で「やせる」という意味だそうで「レプチンホルモン」は脳に”もうお腹いっぱい!”と伝えるホルモンです。このホルモンが減少すると満腹感の指令がこないので食べ過ぎることになります。ホルモンと脳の関係はとても重要です。

食欲とホルモンはとても深く関係しています。

夕食を取る時間

中年になると夕食の時間もポイントになります。なぜならば、基礎代謝が低くなっているので食べて寝るとそのまま食べたカロリーは消費されないまま朝を迎えます。

そのためには夕食から寝る時間まで6時間はあける必要があります。若い時であれば食べてから寝るまで3時間ぐらいでよかったものが中年になるとその倍は時間が必要と思います。

それと食事の中身も大切です。夜は野菜だけと決めればそれほど食べる時間を気にしなくてもいいと思います。家族がいればそれは無理ですよね。

食欲抑制ホルモンのレプチンサプリで腹8分目で満足

まとめ

基礎代謝の低下と女性ホルモンの減少がお腹に内脂肪がつきやすくなることがわかりました。

筋肉が基礎代謝を上げることもわかりましたが、いきなり筋肉をつけるのにダンベル体操も続きそうにありません。

基礎代謝の低下と女性ホルモンの減少が短期間で改善できることは難しいです。自分ができそうなことから、続けられる範囲のことからやり始めることが長く続けられる秘訣と思います。

ウォーキングは有酸素運動ですので体内に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させますので、歩いている人は歩幅を大きくして30分のうち10分を早歩きにするだけでも脂肪の燃焼が高まります。

台所で立っている時間を無駄にしないように!

簡単にできる基礎代謝を上げる方法「ながら運動」

代謝を上げるには入浴は一番です。ゆっくり湯船に浸かって発汗を良くして、リラックスができて、お肌にもいいのでシャワーだけの人は入浴することは冷え性改善にもよく代謝アップには欠かせません。代謝を上げる方法はお風呂が秘訣の記事も参考にしてください!

食事のとり方にもヒントがありそうです。ゆっくりと食事をすることや、よく噛んで食べることで脳中枢に満腹の指令を行く時間稼ぎにもなります。

生きた酵母の効果でダイエット!

2020