加齢で減少する体内酵素を増やしてお腹ぽっこり解消

50代、60代になり基礎代謝が低下して体重が増えだすのは、年齢的に酵素が減っていることと関連しています。

特にお腹ぽっこりが毎年気になってきます。体内酵素を増やすことができれば自然とお腹もスッキリしてきます。

体内の酵素は、50代では30代のほぼ半分まで減少します。

それを、少しずつですが体内酵素を若い時のように増やすことできますか?

スポンサーリンク

酵素は加齢で減少

加齢で体内酵素が不足してくるのですが、それは同時に新陳代謝が鈍くなることにつながります。体内のエネルギーが不足して疲れやすくなったりする原因でもあります。

特に50代から60代に向かって老化が早まったり、免疫力が低下することで生活習慣病など病気にかかりやすくなってきます。

酵素と酵母の関係を知ろう!

酵母が酵素を作る

酵素と酵母はどう違うの?

私たちは、食べ物を消化・吸収して代謝すると同時に、不要や有害なものを排泄して体を保っています。酵素が体にあってはじめて、これらの機能をスムーズに行うことができます。

酵素は消化酵素で食べ物を消化して分解する働きがありますが、その酵素を作る一つが酵母です。

お酒やパン、みそ・醤油などは酵母から作られます。酵母の中に酵素はたくさん存在して発酵させて作ります。

関連記事:

生きた酵母のちから

酵素を増やす食習慣

50代60代で太りだすのは酵素が減少している?

歳をとるにつれて体内では酵素が減り、エネルギーを作れなくなっていくので、今までと同じ食生活をしているのに、加齢で体重が増えるのです。

個人的には炭水化物を消化する力が弱くなっています。

関連記事:

50代女性お腹ぽっこり解消法!体幹トレーニング1分の効果!【中年女性必見】

生酵母の働き

生酵母は、糖質(米、パン、麺、砂糖)を分解する働きがあります。その結果糖質をカット、身体への糖質の吸収を減らすため、ダイエットしやすい体になります。

酵素を多く含む食材や生酵素

生酵素の働き

生酵素(消化酵素)は、食べた物を「消化」し、その栄養素を「代謝」する働きがあります。

生酵母と生酵素を効果的に摂る

生酵母や生酵素は、熱を加えないことで「生きている」からこそ体内でその働きを発揮できます。

酵素も酵母も熱に弱いため、酵素を含んだ食材を加熱しては酵素は死滅します。

食物では十分に補えない酵素をサプリで摂るのが効果的です!

4~6ヵ月ぐらいするとお腹や腰回りも徐々にですが、すっきりしてきます。

生酵素を摂っていると、便秘なんてありえないぐらいに朝からすっきりします。

※便秘になる方もいますがお水が足りていないと思います。常温の水か、白湯を飲むようにしてください。

白湯は、朝いちばんに胃の中に入れる飲み物にする習慣にすると、3~4ヶ月もすると毎朝ほとんど自然にトイレに行きたくなります。1週間や2週間で効果がないからとやめてしまうのが残念です。

2020