乾燥肌に朝の洗顔は必要?

face-wash

朝の洗顔は肌質や朝の肌の状態によって洗顔フォームを使う場合とぬるま湯だけで洗うだけで十分の時があります。

これは年齢によっても変わってきます。

若い時と同じ洗顔をしているけれど最近は肌の変化を感じる?と思えば今の自分の肌質を知ることで悩みが解決されるのではと思います。

スポンサーリンク

乾燥肌、脂性肌、インナードライ肌では朝の洗顔方法は違うの?

朝の洗顔はどうして必要?

一般的には朝夜の洗顔をすすめています。寝ている間に分泌した皮脂の汚れを取るために朝も石鹸で洗顔をするものと思っている場合があります。

わたしも以前は朝と夜石鹸で洗顔していました。でも現在は朝はぬるま湯で洗うだけにしました。そのほうが肌のコンディションはいいと思います。

潤いアップのピーリングジェル詳しくはこちらから

そのほうが肌のしっとり感が違います。若い時と明らかに肌質も変わり、お手入れ方法も変わってきます。たまに皮脂が浮いていると感じたら軽く洗顔フォームで洗いますがたまにだけです。

朝の肌チェックで洗顔方法を変えよう

加齢を意識しだす年齢になるとインナードライ肌、乾燥肌など肌に水分がたりなくなりドライになります。

毎日がいつも同じコンデションであることはないので朝の肌の状況で洗顔方法を変えることは必要です。

インナードライ肌が改善されると、洗顔後のケアも化粧水と美容液だけでOKになります。クリームや乳液をつけると脂っこくなったり、肌がガサガサするのでクリーム系は肌に合わないことがわかりました。

自分の肌質をしり、それに合わせた負担や刺激の少ない朝洗顔の方法を実践していると乾燥肌と脂性肌の混合肌やインナードライ肌も改善されます。

今では朝を迎えてもしっとりと保湿されていて肌のバリア機能も正常であるため、ほどよい健康肌になっています。

スポンサーリンク

健康的な普通肌でいられる基本のスキンケア

朝起きた時の肌のコンディションは夜のお手入れがしっかりされているか、また規則正しい生活や食生活も影響します。

肌のお手入れでいえば、寝る前にはしっかりと汚れを落とし余分なものが肌に残っていない状態で化粧水や美容液をつければ、肌への浸透力もよくなり、乾燥肌にはなりずらいです。

夜のこのステップはみなさん行っていると思いますが、乾燥が気になる肌であれば、汚れをシッカリ取り除いて肌をリセットしたら、肌の水分補給の化粧水はたっぷりとつけるといいでしょう(適量を2回くりかえることをする、一度にどばっとつけない)化粧水をつけた後、美容液をつけた後も手のひらで顔を覆い浸透させてください。自分の手のひらでヒーリングするのが一番いいです。

また

エイジングを意識しだす年齢になると、刺激のあるものは使わずに無添加、無香料など、自然由来の成分のものを使うのが肌には負担がかからないと思います。

夜の洗顔はきちっとクレンジングも大切

インナードライ肌や乾燥肌を改善しないとシワやシミもできやすく、くすんだ老け顔になりますので、夜メイクを落とすのが面倒と思う時でも絶対に汚れをきれいにしてから寝る習慣をつけましょう。習慣にすると顔を洗わずして寝るのが気持ち悪くなります。歯を磨かないと気持ち悪いと同じ気持ちになります。

ファンデや目のお化粧を落とすにはアルガンオイルなど肌になじみながら刺激を与えずにきれいに取り除くクレンジングがいいです。アルガンオイルは肌の汚れを落とすと同時に、肌をしっとりとさせるので・・気に入っています。クレンジングした後は水洗いだけでスッキリします。その後は泡立てたマイルドソープで洗顔します。

アルガンオイルやその他にも4つの美容成分配合のクレンジングはくすみを取り除き、保湿効果もあります。

アンチエイジングのクレンジングとして人気のアテニア クレンジングオイル【スキンクリアクレンズオイル】口コミ検証はこちら

最後に

エイジングケアを意識する年齢になると乾燥肌がとても気になります。一つにはファンデの選び方も大切で肌に負担をかけると乾燥を加速させることもあり、また夜にしっかりと汚れが落ちていない場合もくすみがでてきます。クレンジング、洗顔、化粧水、美容液の基本のスキンケアでは保湿効果があるものを選ぶことは最低必要と思います。

2020