「重ね発酵ハーブ茶」W発酵茶の効能!乳酸菌配合で体がスッキリ

発酵茶は体を温める最高の飲み物として人気があります。

W発酵茶って?普通の発酵茶と何がどう違うの?

発酵茶の特徴の身体を温めて免疫力アップ、さらに、W発酵により次世代型機能性健康茶と言われるわけは?

飲んでいると痩せ菌が増えて、体の不要なものがすっきり排出します。ダイエットカレンダーをつけるのが楽しみになる!

W発酵茶「重ね発酵ハーブ茶」とは

W発酵茶は、普通の発酵茶に代表される紅茶やプ―アール茶とは製法が違います。

違いは

普通の発酵茶は茶摘み後、酵素によって発酵させます。

W発酵茶は葉茶を2度発酵させます。麹菌(黒麹)を付与して1度目の発酵、さらに殺菌して2度目の発酵を行います。

2度の発酵過程を経ることで

苦渋みを抑え、味もまろやかで香りもよい、飲みやすい葉茶を作ることに成功しました。

静岡のお茶屋さんが、薫り高いお茶を開発しました。

W発酵により

2種類の新しいポリフェノールが生まれます。

この2つのポリフェノールが余分なものを減少させることが学会でも発表されています。

この2つのポリフェノールがとても重要で、余分なものがスッキリします!

ティーパックで30日分!

→ 「W発酵茶」無料キャンペーン中で送料だけ500円

・しかも30日間全額返金保証!!

・ダイエットカレンダーがとても励みになります。

お茶と言ったら静岡ですが

このW発酵茶を製造したのが、静岡県のお茶屋さん(カネ松製茶)です。農林水産大臣賞で技術協議会最高金賞を受賞しました。(8年前より発酵をテーマに研究していた)

茶葉の採取から、丹念に作る作業で最終の仕上げまでの工程は大変なものです。

W発酵茶「重ね発酵ハーブ茶」は、ほのかに甘くフルーティな味わいは、ベルガモットのアールグレイのいい香りと味が楽しめます。

W発酵による効能・効果

お茶はこのような過程で作られるのかと感銘致しました。

W発酵茶「重ね発酵ハーブ茶」は、黒麹で発酵することで、余分なものの吸収を抑えて燃焼して、しっかり排出できます。

2つのポリフェノール(テアデノールA,B)が余分なものを減少させる

ユーカリポリフェノールギムネマエキスが、余分なものをカットして糖質をコントロールします。

鉄分亜鉛が豊富

植物性ナノ型乳酸菌SNK(すんき漬け由来の乳酸菌)

天然エキスだけ(保存料、着色料、甘味料は不使用)

無理な食事制限がいらない、食事の時に1杯飲むだけです!

2020