足の冷え解消に簡単足先を温めるマッサージ方法は?ポカポカになるポイントは?

足が冷えて眠れない、ソックスを履いて寝る人も女性では多いのではないでしょうか?

女性の冷え性は末端冷え性が多いですが、自分で手先や足先をマッサージする方法でかなり改善できます。

マッサージで血行がよくなり足がポカポカしてきます。具体的に足指のどの辺をマッサージしたらいいのかを共有したいと思います。ソックスを履いて眠ることがなくなってきます。

スポンサーリンク

冷え性は自分で改善できます!自分の体を自分で労ることを是非してください。

最初はさする程度でも痛いところが、なんとも「いた気持ちよく」なるのです。

冷えを解消することは、血行促進、代謝アップ、免疫力アップ、ダイエット効果などにもつながります。

足指マッサージで冷え解消

冷え性は自分で治せます。毎日2~3分から初めて、自分の手でマッサージすることで、末端の冷え性も血行がよくなり、足先まで血流が流れていきます。

あんなに足が冷えて眠れなかったのが、逆に足がポカポカし過ぎにさえなります。

足指マッサージのポイントをいくつか紹介します。

冷えを解消する足指マッサージ方法

血行が悪いとは血の巡りが悪いことで、身体全体の気の流れが滞っていることでもあります。

気の流れをスムーズにするには足先をほぐします。

◎親指から人差し指へと順番に小指までマッサージします。

親指で押したりさすったり、親指と人差し指でぐるぐる回したり、引っ張たり、動かしたりします。

指を反らしたり、折り曲げたりもやってみてください。

指の表も裏側もマッサージします。

両方の指をできたら2~3回します。

指の側面を特にマッサージしたほうがいいと思います。痛い!から、いた気持ちいい!になってきます。

次は

指と指の谷間をマッサージします。

足指間には集中してツボがあるそうです。

図の「八風」という場所ですが最初は痛いのですが、マッサージを続けていると「いた気持ちいい」状態になってきます。個人的にはこの場所はかなり効果的です!

これだけで足先の血行はかなり良くなり、ポカポカしてくるはずです。

簡単なのに、効果はすぐにでて今夜はぐっすり眠れます。

※指と指の間をマッサージすることで血行が驚くほどよくなります。

手の指を足の指の間に根元まで入れて、ぐるぐる足首を回してください

足首をぐるぐると回すのを最後にやってください。

とにかく、指を回したり、押したり、引っ張たり、さすったりと5本の指の血行を良くするわけです。このような足指ヨガの動画も参考になります。

マッサージも、ツボ押しも、血行をよくしますので毎日の習慣にしてください。

関連記事:足首が冷える原因と血流をよくする対策で足の冷え性が改善できる

足指間をマッサージする

今一番マッサージする場所が「八風」というところですが、普段はなかなか足指の間をマッサージする発想がありませんでした。が、やってみると気持ちがいいので続けています。

驚くことに、「足指間」のマッサージ器があるのですね。

ちょっと値段が高いので今のところは自分の指でマッサージするので十分なので購入するつもりはありませんが、なるほどという感じです。

スポンサーリンク

お風呂に入ってマッサージ

シャワーではなくお風呂に浸かることは冷え性の人にはとても必要です。ゆっくり湯船に浸かって血行がよくなり、発汗がよくなり、体の毒素も出して、お風呂の健康法です。

関連記事:酵素風呂効果とラジウム温泉効果どちらも自宅で楽しめるデトックスや代謝アップ美肌効果

最近は低体温の人が増えているそうです。低体温は免疫力も低下しますし、内臓も冷えていますのでとにかく、血の巡りをよくすることが大切です。

血行不良体温低下になり代謝が落ちますのでダイエットもうまくいきません。加齢を意識する年齢では女性ホルモンの影響から自律神経も乱れます。自律神経と冷え性とも関係しています。

関連記事:自律神経とも関係する手足の冷えや末端冷え性の原因と解消法

体の中から温めて朝までポカポカお風呂でするマッサージ

お風呂に浸かっている間、足指でグーチョキパーを両方10回ぐらいしてください。このグーチョキパーをお風呂に入ってしていると、湯船から上がってからも足がず~とポカポカしますので熟睡できます。

特にハイヒールやブーツなどを一日履いている人はお風呂に入って足指でグーチョキパーしてください。

関連記事:末端冷え性対策によい食べ物やサプリそれとも指先体操?温活で血行促進効果

冷え性は自然治癒力や免疫力の低下

血流が悪くて、体温が低いために体の冷えが起きますが、冷えの状態は私たちの生命維持にも大きく影響しています。

血液がスムーズに流れる体温は36.5度ですが、私たちの生命活動にも重要な酵素が活発化するのも体温が36.5度なのです。冷え性は内臓機能も低下します。

私たちの体は酵素が働いていることで生命活動をしています。

また、女性ホルモンの乱れ、自律神経の乱れなども冷え性と関係します。

関連記事:「低体温に気をつけて!体温1度上がれば免疫力も代謝もアップダイエットするなら体温を上げてから

2020