50代老け顔女性の改善に1日1分やると5歳若返る!

女性の50代はうねり世代ともいわれ、体の変化に悩む方も多いと思います。外見も老けて見られることがやはりショックです。

やはり一番気になるのが顔です。鏡を見ても自分で自覚するぐらい老け顔が気になっている方多いのでは?

何もやらなければそのまま老け顔はますます老けていくだけです。

1日1分でいいので、少しの努力というよりは、習慣にすることで確実に変わってきます。

老け顔に見える原因はシワとシミ、くすみです。ほうれい線、口周りのシワ、目じりやおでこのシワなど原因は加齢や乾燥・紫外線の影響は大きいですが、まだまだ諦めなくても大丈夫です。

老け顔を改善して、最低5歳若返るために1日1分でいいので努力してみませんか?

確実に老け顔が若返ってくる対策あります。

スポンサーリンク

女性の老け顔の原因

女性の老け顔の原因は肌の老化(たるみ・シワ・ シミ )などがほとんどですが、その他でもヘアスタイルが老けて見えることや、無表情が多いと表情筋が固まって老けて見えます、姿勢が悪いこと、が黄ばんでいることなどもあげられます。

たるみ

たるみの一番の原因は加齢で、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが加齢とともに減少し、インナードライが進み、さらに顔の筋肉低下で、真皮層を支えきれなくなり、肌のハリや弾力が衰えてたるみを引き起こします。

また

外的要因では紫外線を浴びすぎているとシワやたるみができやすく、長く紫外線を浴び続けていると、加齢でシワは一気に深くなっていきます。

ほうれい線が深くなるのは筋力の衰えにより頬の脂肪がたるみ下に落ちてきますが、顔の筋肉を鍛えることは効果があります。

パッと見た時に、ほうれい線は老けた印象を与えます。

目の周りのシワも肌のたるみと同様に肌のハリや弾力が失われてシワが深くなりますが、紫外線も大きく影響します。

化粧品なら幹細胞化粧品は細胞から肌を活性化するので50代、60代になっても肌は若返ってきます。

シミやくすみ

シミの一番の原因は紫外線です。若い時に作られたメラニンがターンオーバーの乱れで蓄積されてシミとして表面にでてきます。

肌のたるみもそうですが、ターンオーバーが正常になるとメラニンは垢となって出ていきますが、ターンオーバーが長くなるとメラニンは蓄積されてシミとして表面化します。

肌のくすみも老けて見える印象が強いです。しかし、化粧品や生活環境を整えることでツヤのある肌を取り戻すことはわりと簡単です。くすみを解消するだけでも5歳は若返ります。

すでに表面化しているシミを取るのであれば、美白化粧品はシミを薄くする効果がありますが、古いシミの場合は、サプリの方が効果が早いと思います。

ヘアスタイル

ヘアスタイルもとても重要です。

年齢を重ねてくると、トップにボリュームがなくなってきます。ある程度トップにボリュームを持たせたり、分け方を変えるだけでも若く見えます。

若く見える髪型の写真を参考にしてください。

女性の老け顔を改善する

毎日必ず、顔の筋肉体操や頭皮マッサージはやる習慣にしてください。

確実に表情が若返ってきます。

スポンサーリンク

顔の筋肉体操

顔の筋肉体操は、ポイントをつかんでやることで、驚くほどの効果があります。

みなさんよく知っている顔の筋肉体操は、継続的にすることで本当に若返ってきます。

わたしが初めてやり始めた時は1か月過ぎても変化がなく途中で止めました。

暫くしてもう一度試すことにしました。

以前失敗したのは、ただ口を形だけ開けたり広げたりしていたのです。それでは効果はありません、筋肉に力を入れ、筋肉を鍛える場所を意識してぐっと力を入れること、ここがポイントです。

ほうれい線やあごのたるみなどは筋肉を鍛えることで効果があります。

麻木久仁子さんも実践していますが、

ま・い・う ・・大きく口を開けて、

ま・い・うと声を出して、思いっきり力を入れて、それぞれ10秒間5セット

1日5セットを3回ほどから始めてください。

確実に顔の筋肉が鍛えられます。

ポイントは、思いっきり力をいれること

まだほかにもいろいろ試しましたが

いいと思ったのが

鼻の下の伸ばした感じで口を開けて、鼻の横の筋肉を動かす、これは頬の筋肉が鍛えられます。これもほうれい線にはかなり効果があります。

口を開けて、右の口角を思いっきり上に上げて10秒キープ、左も同じように、3セット。

この3つのどれかを毎日習慣にしてやっています。

どれも慣れてくると、それぞれの動作に力がかなり入れられるようになります。

継続することが重要です。結果は1か月後、2ヵ月後の自分の顔を鏡で比較してください。

(始める前の自分の顔の写真を撮っておくと変化がわかりやすいです)

表情が変わってきます。無表情の人は特におすすめします。

慣れてくると、動作でどこの筋肉が鍛えられるかわかってきます。そうしたら、もっとこうしたほうがいいとかも、わかってきます。

50代、60代になると顔の筋肉は垂れ下がってくるので老け顔に見えるのです。

化粧品と並行して、顔の筋肉を鍛えること重要と思います。時間はかかりますが、1~2ヵ月すると朝起きた時のほうれい線やたるみが改善されているのが実感できます。

筋肉は体の筋肉も同じで、顔の筋肉も鍛えると必ずついてきます。でもやめると元の木阿弥です。一生継続するつもりで続けてください。

頭のマッサージ

頭と顔は続いています。頭皮マッサージは薄毛予防にも効果がありますが、顔も若返ってきます。

朝起きたら洗面所で頭のマッサージをすることいいです。

頭皮マッサージのやり方は指やケッサを使ってもいいです。

20~30秒間、頭のてっぺんから、髪の生えぎわ(耳からおでこまで)をよ~くマッサージすると表情が驚くほど変わります。

これも習慣にして毎日、顔を洗うと同じように朝必ずマッサージすると、寝起きの顔と頭皮マッサージ後の顔では明らかに5歳は若返ります。

リンパマッサージのやりすぎに注意

リンパマッサージは、つい力が入りがちですが、顔のリンパマッサージはやさしくさする程度のやさしさで、滑りをよくして行うことです。リンパが集まる耳下(くぼみ)もやさしく押すこと。

間違ったやり方は逆効果になります。

姿勢をよくする

スマホやパソコンを見ていると姿勢が悪くなります。

この姿勢の悪さもたるみを引き起こします。

肩こりや首のこりも同じですが、筋肉が緊張してきます。

これは肩甲骨はがしストレッチの簡単な体操がおすすめです。

頭から顔、首、肩、肩甲骨とつながっていて、関連しています。

スキンケアでたるみを予防・改善

たるみ引き締めの化粧品も多く出ています。何といっても、老け顔に見えるのは肌のたるみやシワです。

DMAE、リンゴ幹細胞、生コラーゲンは50代、60代の肌にはとてもおすすめです。

毎日使う化粧品ですから、効果が高いものを選びたいものですね。若く見られると気力もどんどん上がります。

化粧品を選ぶポイントは

加齢によるコラーゲンの減少、ヒアルロン酸、エラスチンなどを補うこと、特に生コラーゲン美容液の保湿成分が角質層まで浸透しやすく、肌がもっちりとして、透明感がでてきます。毎日のスキンケアで大事なのは”保湿”、お手入れの基本ですのでおすすめします。

2020