活性酸素とフリーラジカルの違いと健康や美容への関連性

美容や健康にとても影響がある活性酸素とフリーラジカルは同じ意味合いですが正確には違います。

活性酸素やフリーラジカルは体に様々な悪影響を与えますが、その中でも老化を加速させる原因でもあり、アンチエイジングのためには正しい知識を持っていたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

活性酸素とフリーラジカルの違い

活性酸素はけっして悪い物ではなく実は体内でのウイルスや細菌を攻撃してくれます。

しかし

活性酸素は体内で増えすぎると身体に悪い影響を及ぼします。紫外線を浴びた時や強いストレスを感じた時などは多量の活性酸素を生成することもわかっています。

フリーラジカルは活性酸素の中にあります。

活性酸素種(Reactive Oxygen Species: ROS)は、好気性生物が酸素(3O2)を消費する過程で発生する反応性の高い副産物であり、 スーパーオキサイド/スーパーオキサイドアニオン(O2・-)、ヒドロキシラジカル(HO・)、過酸化水素 (H2O2)、一重項酸素(1O2)の4種類が知られています。活性酸素種と よく似た用語にフリーラジカルがあります。フリーラジカルの定義は不対電子を持つことであり、活性酸素種のうち、スーパーオキサイドと ヒドロキシラジカルはフリーラジカルに該当しますが、過酸化水素と一重項酸素はフリーラジカルではありません。抜粋:日本老化制御研究所より

美容や健康に関して気になるのは

フリーラジカルと呼ばれるものは、” スーパーオキサイド”と”ヒドロキシラジカル”があります。中でもヒドロキシラジカルは、過激で肌に一番ダメージを与える活性酸素ということです。

とにかく

フリーラジカルは過剰に生成されると細胞が傷ついたり、老化を促す恐れがあります。

原因をあげると

生活習慣や食習慣が影響します。

乱れた生活習慣や食生活をしている人は、一度立ち止まって自分の生活習慣の改善をすることは大切です。

スポンサーリンク

活性酸素・フリーラジカルの健康への影響

フリーラジカルは人間の大切な代謝活動の役割もありますが、過剰に生成されると身体のサビ=老化を促進することになります。

美容や健康に関心があれば活性酸素やフリーラジカルには敏感になりますね。

フリーラジカルの身体への影響

・動脈硬化

・糖尿病

・がん

・気管支喘息

・脳神経疾患・・パーキンソン病やアルツハイマー病など

・眼科疾患・・糖尿病性網膜症や白内障

年齢を重ねて健康状態が悪くなると

年だからしょうがない、とよく言いますが、フリーラジカル・活性酸素の影響が大きく、加齢だけでなくフリーラジカルとも関係していることがわかります。

健康的な生活がなによりということになります。

抗酸化を意識した生活や食生活はとても大切です。

気をつけたい生活習慣とは?

気をつけたい生活習慣

不規則な生活や偏り過ぎる食生活、加度のストレスなどがフリーラジカルを過度に生成します。

生活の中で改善することで、老化を遅らせることは大いに期待できると思います。

生活習慣の改善では

・適度な運動

・質の良い睡眠

・規則正しい生活

・バランスのとれた食生活

嫌いだから、忙しいからなどの理由で運動なんて嫌いで全然しない

寝るのはいつも深夜で睡眠時間も少ない

食事は外食やコンビニ物が多い

などの生活をしている方はフリーラジカルを自身で増やしていることになります。

食品の中で活性酸素を除去する抗酸化作用がある食品を意識して摂ることもフリーラジカルを過剰に増やさないことの効果もあり、体のサビ(老化)を防ぐ効果は確実にあると思います。

健康を第一に考えて少しずつ生活習慣を改善することが健康的に生活できることにつながります。

2020