「ダマスクバラ花水」の保湿効果と香りの効能で女性ホルモンを整える作用

化粧品として「ダマスクローズ花水」は高い保湿力があります。アンチエイジング対策としては肌の乾燥の悩みにはとても効果効能が高いです。肌に馴染みやすく、保湿を継続するとして人気があります。乾燥こそが肌の老化を早める原因ですので、乾燥を防ぐことで肌の潤いが継続するためハリやツヤも戻ってきます。そして、すばらしいバラの香りに癒され、女性ホルモンを司る脳の視床下部の働きにもよい影響を与えます。

スポンサーリンク

バラの化粧品は敏感肌やナチュラル派に人気

古くからバラは美容のためにも用いられてきましたが、「ダマスクローズ」は、かのクレオパトラや楊貴妃など、古今東西の女性に愛されてきました。バラは5感を満たし、体も心も癒されるバラの効能はすばらしいものがあります。

ダマスクローズ」はその香りの高さからバラの女王として知られ、原産国はブルガリア、トルコ、モロッコなどで栽培されています。

「ダマスクバラ」は収穫されてすぐに蒸留所に運ばれてダマスクバラ花油としてエッセンシャルオイルに生まれ変わり、上層に分離したのがオイルで、その下にはバラの香りやエキスが溶け込んだバラ水が残りますが、それが「ダマスクバラ花水」です。

敏感肌やナチュラル派の間では「ダマスクバラ花水」のファンは多いと思います。

関連記事:乾燥肌を潤すエッセンシャルオイルの効果的な使い方

ダマスクバラ花水の保湿効果はアンチエイジングに

ローズは美容には最適な精油のひとつと思います。肌の炎症吹き出物にも効果があり、加齢で乾燥が気になる方にはアンチエイジング対策としても保湿効果が抜群です。

「ダマスクバラ花水」は化粧品として用いられることが多いですが、天然植物成分であり、敏感肌や脂性肌とさまざまな肌質に適します。血流をよくする効果も知られており、くすみやキメも整えエイジングケアとしておすすめできます。

➡ 手作りローズウォーター(ダマスクローズ)化粧水作り方は簡単!大満足の保湿力

「ダマスクバラ花水」の香りが女性ホルモンを整える

「ダマスクバラ花水」は、世界中に2万種類以上あるバラの中でも、最も香り高く、最高級とされています。

ダマスクバラの香りは精神的作用が大きく、リラックス効果があり、五感の中で香りを感知するといわれる大脳辺縁系にも大きな影響を与えます。

香りでのストレスの緩和やリラクゼーション効果は高いと思います。そのため乱れやすい女性ホルモンを調整する作用があります。

スポンサーリンク

「ダマスクバラ花水」化粧品の効果効能

「ダマスクバラ花水」の化粧水が人気なのは蓋を開けるとローズの香りで癒され、そして血流をよくするので、くすみが取れ透明感も出てきます。

乾燥肌が中から潤う感覚と持続性によってバリア機能も回復して角層を整えていきます。

アンチエイジング対策でもっとも大切な保湿と肌の引き締め、潤う肌と香りにほんとうに癒されます。

2013年に発売以来、話題沸騰中の「麻布十番塩澤式化粧品」でも「ダマスクバラ花水」が使われています。

※「麻布十番塩澤式」とは麻布十番のエステティシャン「塩澤麻衣」の実際のエステの施術を再現した化粧品です。

最後に

「ダマスクバラ花水」の香りの豊かさは素晴らしいと思います。いつも化粧品は無味無臭のものがほとんどですが、バラの香りは更年期でイライラ、精神不安定の心をやわらげてくれます。

関連記事:アルガンオイルの使い方や成分がアンチエイジングにとても効果!

2020