女性ホルモンを増やす「エクオール」の特徴!認知度急上昇!

最近は「エクオール」という更年期症状をやわらげるサプリが注目されています。

更年期にいいとされていたイソフラボンを食事やサプリで飲んでいても効果を感じられない人には朗報です。認知度も急上昇しています。

エクオールサプリを飲み始めたら、おやっいい感じ!イライラが落ち着いてきた、ほてりがおさまってきたなど、その理由を知りたいですね。

スポンサーリンク

「エクオール」とは何?イソフラボンじゃだめなの?

更年期の症状をやわらげるとして大豆イソフラボンは皆さん知っていると思います。

そのイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きがあることで知られてきました。

今までイソフラボンを摂っていれば女性ホルモンにいいと信じ切っていた人多いと思います。

でも

たいして効果を感じていない人、更年期の症状には効果がないと思っている方に

原因がわかりました。

エクオールは腸内で作られる

イソフラボンから「エクオール」という成分を体の中で作り出せない日本人が、2人に1人いると言われています。エクオールは腸内で作られるのですが・・

日本人の半数(50%)がエクオールを作り出せないそうです。

大豆イソフラボンが腸内で代謝されて「エクオール」という成分に変換しなければ女性ホルモンの働きをすることができません。

一生懸命にイソフラボンを意識して豆乳、納豆、豆腐などを毎日食べていても50%の人は効果を感じない、即ち、エクオールの成分が腸内で作り出されない人です。

イソフラボンのサプリを飲んでいても更年期の症状を緩和できない人はエクオールを作り出せない人だったのです。

が、

イソフラボンから抽出した「エクオールサプリ」ができたことは更年期症状に悩んでいる人には朗報です。「エクオール」を直接摂れるので女性ホルモンのバランスがよくなり更年期の症状が緩和されます。

※「エクオール成分」を知って、そのサプリを摂ってから更年期の症状が改善された方多いです。エクオールに変換できない人の50%の中に自分が入っていたのです。

女性ホルモンの影響で太る!50代ここを気をつけると【50代悩み】

エクオールサプリの効能

女性ホルモンが減少すると、その影響は更年期症状だけに限りません!

太ったけどダイエットができない、髪が薄くなった、コレステロールが高くなった、乾燥肌になったなど美容や健康に大きく影響します。

最近の研究でわかってきたことは

イソフラボンを摂取しても、そのまま女性ホルモンの一種である、エストロゲンに似た働きをしてくれないのです。

イソフラボンを摂取して、腸内細菌で代謝されて、エクオールという物質が作られ、このエクオールこそが女性ホルモンに似たエストロゲンの働きをしてくれるというわけです。

スポンサーリンク

自律神経が乱れるとなぜ太るの?加齢も女性ホルモンも関係

更年期の症状をやわらげるエクオール成分

ホットフラッシュやイライラ、のぼせ、頭痛、不安感やイライラ、肩や首のこりなど、辛い症状に「エクオール」が症状を和らげてくれます。

イソフラボンサプリを摂っていても、更年期症状がよくならない人が、「エクオールサプリ」を摂ったら症状が緩和された人とても多いと思います。腸内でイソフラボンがエクオールに変換できない腸だったのです。

気力がなくなったり、ぼーと1日過ごしてしまう人、うつになる人も「エクオール」が気持ちさえも前向きに変えてくれると思います。

エクオールサプリ」飲んでみる価値ある!

「エクオール」を吸収しやすくするヨーグルト

ヨーグルトを食べている方は多いと思いますが、乳酸菌と相性がいい「オリゴ糖」を一緒にとることでさらに「エクオール」を吸収させやすくするそうです。

ヨーグルトでしたらカスピ海ヨーグルトがいいそうですが・・

オリゴ糖もヨーグルトも腸内環境を善玉菌優勢の腸にすることがポイントと思います。

閉経後は骨粗しょう症の心配もでてきます。

エクオールは骨粗しょう症予防にもなり、ヨーグルト(カルシウム)との相乗効果で骨粗しょう症予防にも効果が高くなると思います。

女性ホルモンの減少で私たちは更年期障害を体験します。

腸内環境をヨーグルトやオリゴ糖、エクオールを摂ることで腸内環境を整えること、美容に肌の調子を整えること保湿効果も期待できるそうです。

最後に

今まで更年期の症状をいろいろ体験してきました。

ホットフラッシュに始まり、めまい、偏頭痛、無気力感など実際に体験すると不安になりました。

今はほとんど軽減されていますが骨粗しょう症の心配もでています。エクオールはそれほど高いサプリではないので辛い症状が続いている場合はエクオールサプリを試してみることもいいかと思っています。

2020