加湿器ディフューザーで美肌効果!なぜ?女性ホルモンや自律神経を整えしっとり肌

加湿器からアロマが漂うディフューザータイプは加湿と香りが同時にできます。肌の保湿と香りのダブル効果はアンチエイジング対策としてもいいと思います。加湿器を上手に利用して乾燥知らずの肌になりたいですね。

なぜなら

良い香り(アロマ)は副交感神経を優位にして自律神経を安定にします。気持ちがリラックス出来ることは女性ホルモンのバランスにもいい影響を及ぼします。

スポンサーリンク

脳とアロマの関係

                  

香りは鼻腔から大脳辺緑系へ到達した後、視床下部から脳下垂体へと伝わっていきます。

出典:http://amoreplease.co.jp/content/files/document02.pdf

脳下垂体は自律神経の中枢ともいわれ、身体の生理機能をコントロールする部分へ伝わり、自律神経やホルモン系のバランスを整えるなど様々な働きを調整します。

香りを嗅ぐことによってはホルモンの分泌量の増減も見られることも確認されているそうです。

女性ホルモン向上に役立つ

加齢で女性ホルモンが低下すると、肌荒れや乾燥に影響するからです。

特にエストロゲンの減少で乾燥肌が加速して肌のハリや潤いが保てなくなります。肌と同じように髪もホルモンバランスが影響して乾燥しますので肌と髪はいっしょにケアすることが大切です。

部屋の湿度を保つことは肌や髪の乾燥を和らげます。乾燥シーズンの加湿器の使用は肌を乾燥から守り肌をしっとりキープするのにいいと思います。

アロマディフューザーが美容液のように

↑ アロマ超音波加湿器 Wood mood ヴィンテージウッド M(4180円)

アロマテラピーの効果をよ~く知り尽くしている方は加湿器とアロマディフューザーが一緒になっているものは使って便利かもしれません。

加湿器とアロマが一体になってアロマディフューザー加湿は値段も幅がありますし、デザインも豊富なものが多く出回っています。

関連記事:卓上加湿器の効果ある使い方のポイント!乾燥肌対策やドライアイにも

加湿器とアロマの香りのダブルで美肌効果

乾燥の季節には部屋の湿度が30%ぐらいになる時もあります。最適な湿度は60%前後ぐらいが望ましいので、冬の加湿器は必然的で美肌効果も使い方ではしっとり潤い美容液の役割もしてれます。もちろんインフルエンザ予防にも湿度管理は大切ですね。

加湿器と香りのダブル効果で加齢で乱れがちな自律神経の調整にもいいと思います。加湿器アロマディフューザーは1つはほしいですね。

関連記事肌の潤いは体の中から保湿ケア

加湿器とアロマのダブル効果とは?肌細胞を活性化

加湿器の肌へ効果は保湿で肌を乾燥から防ぎますが、アロマの効果は女性ホルモンを活性化する一つの方法として香り(アロマ)の効果は絶大です。女性ホルモンのエストロゲンの減少は肌荒れや乾燥肌にも影響していきます。

アロマテラピーで精神的なストレスの緩和不眠の改善やリラックス効果があるのはご存知と思いますが、アロマ(香り)はリラックス効果と共に更年期の症状を和らげてくれるのです。

アロマの種類にもよりますが、肌細胞を活性化する作用でシミ・シワの予防、むくみ、血液循環を良くして肌の乾燥にも効果があります。

スポンサーリンク

関連記事乾燥肌を潤すエッセンシャルオイルの効果的な使い方

アロマディフューザー加湿器を選ぶ時の注意

アロマ加湿器で注意したい点は加湿を重視してアロマがついている、またはアロマ重視で加湿器の役割もできるものと、どちらを優先して使いたいかが選ぶ時のポイントにもなります。

加湿器にアロマがついているものは、エッセンシャルオイルを直接加湿器の水に垂らすタイプや加湿器のアロマ専用フィルターにエッセンシャルオイルを垂らして香りを吸い上げるタイプがあります。

個人的には専用フィルターにオイルを垂らすほうがお掃除も楽のような感じがします。

加湿器もいろいろな機種がありますのでこちらも参照してください。
美肌効果もある加湿器おしゃれなインテリアおすすめ2017~2018

超音波式アロマ加湿器

どちらのタイプも超音波式アロマ加湿器ではミストで香りを楽しみながら加湿しますが、価格もいろいろありデザイン性もとてもよく迷うぐらいです。

購入の際には加湿を優先したいのか、アロマを優先したいかを決めてから購入するとよいと思います。

アロマディフューザー加湿器」を購入するのであれば、3000円前後で性能も優れ、デザインがステキでインテリアとしても置けるのでお部屋全体がいやされます。

一つ買ってみるとメリットやデメリットが実感できます。自分の判断基準が見えてくると思います。

最後に

アロマ加湿器には超音波式意外にもスチーム式やハイブリット式などもあります。

お部屋の環境や用途で選ぶといいと思います。

加湿器とアロマディフューザーを別々に使うという選択もあります。そうしますとアロマディフューザーもいろいろ選択もでてきます。

スポンサーリンク
2020