ポリフェノール豊富なベリーで痩せるって?ダイエット・老化防止や目にスーパーフルーツ

ベリー類のポリフェノールがダイエットや若返り効果があることで注目されています。

ワイドショーや情報番組などにも取り上げられている「ベリー類」の効果ですが、ポリフェノールが豊富で抗酸化力が高く、老化防止や目のかすみにも効果があるのは知っていましたが、さらに、ダイエットにもいいですって?

中でもスーパーフルーツとしてアサイーベリーを上回るポリフェノール含有量マキベリーです。

ポリフェノールが豊富な「ベリー類」は美容効果だけでなく、ダイエットに効果的に作用するということ調べてみました。

スポンサーリンク

ベリー類には豊富なポリフェノール

ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、ストロベリーなど、ベリー類は美容によいイメージの通り、ほんとうに豊富なポリフェノール若返り効果がたっぷりです。

ベリー類に含まれるポリフェノールは抗酸化作用があり、アンチエイジングには欠かせない栄養素です。

最近わかってきたベリー類でも、ポリフェノール含有量がダントツなのがマキベリーです。

マキベリーポリフェノール含有量アサイーの5.4倍ブルーベリーのなんと14倍ものポリフェノールを含んでいると言われています。

ポリフェノールとは

ポリフェノールは植物の渋み、苦味、色素の成分となる化合物の総称です。栄養素も高くポリフェノールには強力な抗酸化作用があることで知られています。

ベリーのフルーツダイエットの効果

テレビの影響は大きく、さっそくベリー類を朝ヨーグルトと食べている方多いのでは?朝にフルーツを食べるなら、ベリー類は栄養素の高さでもダイエットを実践する上でおすすめです。

フルーツは「生」で食べることで酵素を取り入れることができ、またダイエット時に不足しがちなビタミンミネラル食物繊維などの栄養素が豊富なことも重要です。

加齢で減っていく体内酵素ですが、食物酵素として毎日フルーツや生野菜を摂ることは必要です。

朝から酵素を摂ることで代謝がスムーズに行われることは、ダイエット効果は高いです。

なぜベリーにダイエット効果があるの?

ベリー類に豊富に含まれているポリフェノール脂肪を燃焼する働きがあります。

有名なハーバード大学での長い研究でわかったことは、ダイエットに最も効果があったのがベリー類だということ、20年以上の研究結果で判明しました。

日本でベリーはストロベリーやブルーベリーなどが一般的ですがベリーの種類は多く、サプリで摂ればいろいろな種類のベリーのいいところどりでその効果を発揮します。

ポリフェノールの強力な抗酸化作用や、その他に、脂肪燃焼を促進する効果があることがわかり、血液をサラサラにするの血流を改善する効果など、健康効果があることがわかっています。

ポリフェノールの働き

抗酸化作用が強い代表的なのがポリフェノールで、そのほか、β-カロテンやビタミンC・Eなども抗酸化作用が強いことで知られています。

ポリフェノールの健康効果と種類

◎視覚機能の改善・・アントシアニン

◎細胞を若々しく保つ効果・・レスベラトロール

◎肌を引き締める効果・・タンニン

◎血流を改善する効果・・ヘスペリジン

◎肝機能を高める・・クルクミン

◎生活習慣病の予防や改善・・カテキン

などが代表的です。

ポリフェノールの特徴では活性酸素の除去の働きが大きいです。体の酸化=老化ですから、アンチエイジング効果も高いですね。

ポリフェノールは活性酸素によって最もダメージを受けやすい細胞膜の部分を、ポリフェノールの強い抗酸化力で細胞膜を守ります。とても重要と思います。

スポンサーリンク

ベリー類のポリフェノール含有量はダントツ

フルーツの中でもベリーのポリフェノール含有量は一番高いです。

ベリーでも特にアサイーやマキベリーのポリフェノール含有量はとても高く、スーパーフルーツと呼ばれています。

その他の食品でポリフェノールが高いのは、

赤ワイン、バナナ、マンゴー、春菊にも多く、コーヒー、カカオ豆、緑茶や紅茶、黒酢やバルサミコ酢などにも多いです。

ポリフェノールの摂り方

ポリフェノールは水に溶けやすいために吸収されやすいので、摂ってから約30分後には効果が出始めるそうです。しかし、その効果はず~と持続しません。2~3時間しか持続せず体内に蓄積されないそうです。

朝食にベリーを食べコーヒーや紅茶を飲み、おやつにチョコレートやバナナ、お昼や夜には緑黄色野菜を摂るようにすればいいでしょう。夜は赤ワインいいですね。

※赤ワイン・・原料であるブドウの種子にタンニン、カテキン、皮にリスベラロール、アントシアニンなど、多くのポリフェノールが含まれています。また、レスベラロールにはがん予防効果があることがわかっています。赤ワインの効果は素晴らしいですが、飲み過ぎはよくありません、ほどほどに。色の濃い、熟成期間が長い赤ワインほど抗酸化力が高いとされています。

2020